お米の歴史 日本で稲作が始まったのは弥生時代だといわれま

お米の歴史 日本で稲作が始まったのは弥生時代だといわれま。今の湖南省のあたりといわれてますね。日本で稲作が始まったのは弥生時代だといわれますが、

世界で稲作が始まったのはいつ頃なの 日本は海外から取り入れただけですよね

そもそも稲作のルーツはどこで誰がいつ頃始めたのでしょう お米の歴史を教えてください。たりして=タネまき。大きくなってモミが実ったら取って集める=収穫
ことから始まったと伝えられています。日本の中では。一番古い田んぼは。
縄文時代の終わりころ2,500年くらい前のものが発見されています。
が伝わり。田んぼでイネを作り始めたことが。縄文時代を終わらせて弥生時代に
変わるきっかけになったといわれています。大昔に。東南アジアで生まれた稲
は。人がタネを持って移動し。世界各地でたくさんの種類が増えていったのです

お米の歴史。考えられます。日本には。稲作農業が始まった古代から。米を中心とする社会
ができました。さらに。鎌倉時代から後になると。品種への関心が高まり。
新しい品種が発見されたり。品種の分類が進んだといわれています。 参考/関東
農政米の日本史と雑学。以来。約,年をかけて脈々と受け継がれてきた日本の稲作ですが。現代でも。
より美味しい米を作るための世界中で日本人ほど米に思い入れのある民族は
ないと言われていますが。その背景にはどんな歴史や文化があるのでしょうか?
米の日本史 稲作の始まりは約,年前 稲の原産地は中国中南部。中国北部。
南アジア。日本の順で伝わったと弥生時代の水田跡で最も有名なのが静岡県の
登呂遺跡で。木製の柄のついた鍬や鋤などが見つかっています。

日本史。水稲耕作をおもな生業なりわいとし。青銅器や鉄器などを使う事を特色と
する文化を「弥生文化」とよび。紀元3世紀ごろまでを弥生時代といいます。
詩乃 「弥生時代は。日本中に稲作が広まった時代っていうことだよね。」 えり
「日本中1。日本では。戦後まもない頃に発掘された静岡県登呂遺跡から水田跡や炭化米。
農具が発見され。これにより稲作は弥生時代になって初めて日本に伝えられ たと
考えられていました。しかし。弥生時代以前にもイネの栽培が行われていた
というお米と日本の歴史2?稲作がもたらした繁忙期と農閑期。日本の人口増加 弥生時代以降における日本の人口増の一因は。稲作の広がりと言
われています。弥生時代は。縄文時代に比べ約3倍もの人口増がありました。
東日本ではさほど増加せず。九州四国中国地方では?倍の増加があったよう

石器?縄文?弥生?古墳時代。稲作が始まった「石器時代」から。農具や水路が発達して広範囲で田んぼが作
られるようになった「古墳時代」まで。稲作の歴史とともに日本の成り立ちを
辿ります。

今の湖南省のあたりといわれてますね。タイ族です。最初はもちろん主食ではなく、沼地に自生するイネ科の植物を煎ってお茶っぽい雑炊にでもしてたのではないかと。その後、人口栽培するようになったということ。多年草なので、定期的に穂だけを刈り取っていたようです。科学的調査によって、従来より朝鮮半島との関係が薄くなったため、インターネット上においては、ウィキペディアから、個人の「URL」まで、現在、数万人規模で、修正が行われています。ウィキペディアWikipedia「渡来人」より↓ウィキペディアWikipedia「渡来人」↑渡来人とらいじんとは、広義には、海外から日本に渡って来た人々を意味するが、歴史用語としては、4世紀から7世紀頃に、中国大陸及び朝鮮半島から日本に移住した人々を指すことが多い。帰化人との違いについては下記節を参照。 渡来は一時期に集中して起こった訳ではなく、幾つかの移入の波があったと考えられている。また、そのルーツに関しても、黄河流域 – 山東半島、揚子江流域、満洲 – 朝鮮半島など様々である。概説揚子江流域などから伝わった水稲作に始まり、後には漢字、仏教や寺院建築技術などを日本に持ち込み、古代日本における文化?政権形成に大きな役割を演じたと考えられている。 陸稲は約1万2000年前の仙人洞?吊桶環遺跡のものが確認されているが、散播による陸稲よりも手間はかかるが多くの収穫を見込める水稲栽培が普及し彭頭山文化の関連遺跡で推定約6000年前のものが確認されているやがて日本にも水稲がもたらされたとされる。この時期について、かつては弥生時代の開始にあたる春秋時代やその後の戦国時代にかけての混乱と戦災を避けた難民の流入とする説があったが、後の水稲や関連文化の相次ぐ発見によって、さらにさかのぼる殷や周の時代の政変混乱によるものとする説も浮上し、水稲は縄文時代末期から時間をかけて日本列島に普及した過程を考えることができるようになった。この流入は、大陸を北上して朝鮮半島を南下する経路ではなく、海洋を東進して直接日本に入ったと見られている。 4世紀末 – 6世紀、古墳時代にはヤマト王権に仕える技術者や亡命者として中国大陸や朝鮮半島から人々が渡来した。4世紀後半から5世紀にかけて、ヤマト王権は百済と連携しつつ朝鮮半島南部の領土と支配権維持のために繰り返し出兵するなど大陸で活動しており、このことは高句麗が遺した広開土王碑にも記録されている。大王を中心とするヤマト王権において重要な位置を占めた者や文化の発展に寄与した者がいた。また、日本から朝鮮半島の方向に人?物が動いた事例もあり、後の狗邪韓国や任那に該当する地域では紀元前4 – 3世紀になると、それ以前の九州北部との交易から更に進んで朝鮮半島南部への移住?入植とそれに伴う弥生土器の急激な増加が確認されている、また光州、木浦近辺などに分布する前方後円墳はヤマト王権に関係する遺跡とされ、現地で製作されたと考えられる円筒埴輪、ベンガラ酸化鉄を塗った横穴式石室が確認されている韓国調査報告。墳墓に埋葬された人物の身元については諸説ある。 ヤマト王権に仕えた渡来人としては、秦氏、東漢氏、西文氏かわちのふみうじ が代表的であり、他に渡来人系の人物として鞍部村主司馬達等止大唐漢人、継体朝?敏達朝、鞍部多須奈用明朝、鞍作止利仏師推古朝、高向玄理高向氏、南淵請安南淵漢人、旻日文、新漢人、鑑真などがいる。朝鮮半島ではなく中国大陸にルーツを持つ人物が多い。 2世紀 – 7世紀頃において、日本から主に朝鮮半島に移住した倭人倭族?大和民族であっても、日本に亡命?帰還した際は渡来人と呼称されている。 また飛鳥時代には百済の滅亡により亡命貴族が日本を頼って渡来した。中でも最後の百済王義慈王の王子の禅広は、持統天皇より百済王くだらのこにきしの氏姓を賜り、百済系氏族の代表的な存在となった。 さらに奈良時代末期から平安時代初期にかけて、鑑真に同伴したコーカソイドに属するソグド系とされる僧侶の如宝も広義的には渡来人に含まれる。稲作と弥生時代は本当の歴史なのかどうか怪しいです。以前は紀元前5世紀ごろ朝鮮半島より朝鮮人によって稲が伝搬されたという解説でしたが、昨今は500年早まって紀元前10世紀ごろ中国人によって伝搬されたという解説となっています。さらに、紀元前10世紀は以前なら縄文時代晩期にあたります。縄文時代に稲作が伝わったというと弥生時代という時代区分稲作文化のはじまりが意味を持ちません。縄文人が稲作を受け入れたのか、もしくは探しあてたのか、その後、縄文人が稲作を広めたとすれば現在考古学的に主流である「日本人二重構造モデル」が崩壊します。「日本人二重構造モデル」とは優秀な渡来人が劣等な縄文人に稲作を教えて日本は栄えていったという考え方です。つまり、現在も続くなんでも朝鮮起源説のぬり替えにすぎません。ただ、不都合な報告として鳥取の沿岸の弥生人骨を調べたところ、母方が渡来系で父方が縄文系であったという結果となってます。現代風に言えば、渡来女子と縄文男子が交わったといいう結果ですね。渡来女性が文化の担い手とは考えられませんので縄文男子が朝鮮または中国に渡って渡来女子と稲作とともに帰ってきたとのではないかいう説が片山京大人文学?考古学名誉教授から提唱されていますが、由緒ある考古学会では異端説として完全無視されているようです。稲のプラントオパールから原産地はチベットと言われています。では稲作農業はというと、長江流域現上海の紀元前70世紀頃の彭頭山遺跡?紀元前60世紀頃の河姆渡遺跡あたりからと言われています。それが朝鮮半島に伝わるのが紀元前7世紀頃の松菊里遺跡。上海から北上し山東半島から海を渡り遼東半島を経て朝鮮半島を南下して伝わったとされていました。その後、紀元前5世紀頃江辻遺跡日本に伝わったとされていました。が、菜畑遺跡紀元前10世紀の水田遺構発見のため、弥生時代の始まりは紀元前10世紀に繰り上げられ、さらに稲作を伝搬した渡来人も朝鮮人から中国人に変わったというお話です。紀元前50世紀ころの縄文前期の遺跡から日本では丸木舟の遺物が連続的に出土しています。同じく紀元前50世紀頃の韓国東三洞貝塚からは隠岐産の黒曜石やヒスイや縄文土器も出土していますので、縄文人が舟で海を渡っていた事実があります。中国人や朝鮮人が海を渡ってきたというより縄文人が海を渡って黒曜石やヒスイ両方とも韓国や中国では産出しませんなどと引き換えに稲作と女子を連れ帰ったというほうが納得いくんでけどね。本格的な水田稲作の、日本での開始は、今から約3000年前紀元前10世紀です。弥生時代の開始は、今から3000年前BC10世紀に変更されており、今から3000年前BC10世紀に、九州北部で本格的にはじまった水田稲作が「九州北部—-関東」を結ぶ線上を、約800年かかって、ゆっくりと拡大東漸していったことが判明しています。↓総合研究大学院大学、文化科学研究科で公開している資料です。↓弥生時代の開始年代総合研究大学院大学、文化科学研究科↓社会科教科書「帝国書院」よりQ2:縄文時代と弥生時代の区分はいつ頃ですか?A:私どもの教科書では弥生時代を、紀元前3世紀ごろから紀元3世紀ごろまでの600年間としています。その一方で、この記述に注釈をつけて、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀とする新しい研究成果も紹介しています。これまで通説となっていた、「弥生時代のはじまり=紀元前300年」は、1960年代に、土器の編年や遺跡から出土した中国の青銅器をもとに割りだされた年代 に、弥生前期のコメや貝を炭素14年代法遺物のなかの炭素14の量から年代を推定する方法で測定したデータ結果を加味して出された説でした。2002年、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀ごろであると発表したのは、国立歴史民俗博物館以下、歴博です。歴博は最新のAMS-炭素14年代法などによって測定した結果、九州北部の弥生時代遺跡から出土した、土器に付着する炭化物コメのおこげや木杭は、紀元前約900~800年のものであり、前10世紀後半に九州北部で本格的にはじまった水田稲作が、約800年かかって日本列島を東漸したとの説を展開しました。水田稲作が九州北部から各地に広がるのに要した年月は、例えば瀬戸内海西部地域までで約200年、摂津?河内まで300年、奈良盆地まで400年、中部地方には500年、南関東へは600~700年、東北北部には500年であると推定されますが、水田稲作が、非常にゆっくりと各地に広がっていったことが、ここからわかります。こうしてみますと、従来のように?弥生時代の始まり=紀元前300年?などと、ある一点で区分すること自体、無理があることと考えられます。今後さらに研究が進み、弥生時代のはじまりの年代も修正が迫られると思われますが、私どもでは、教科書本文では通説に従った紀元前300年と記述し、注釈で紀元前10世紀という説を示しました。これは現時点ではさまざまな議論があり、また地域によって差があることをふまえた記述であることを、ご理解いただきたいと考えております。最新の研究報告より長江文明稲作文明は、今から約4200年前に、急激な寒冷化によって突然衰退しました。長江文明:日本の水稲栽培は、稲のDNA解析に基づくと、長江河口域から渡来したことが明らかになっています。つまり、長江新石器文明は日本人のルーツといえる重要な文明です。↓失われた長江新石器文明の謎 ? 約4200年前の気候変動を海洋堆積物から復元する↓長江河口域の過去の気温と、日本列島への水稲稲作の伝来約3000年前、春秋戦国時代を比較してみます。もっとも古い稲作の痕跡は約1万4千年前の中国の仙人洞?吊桶環遺跡にあります。その後、数千年かけて中国の揚子江流域で稲作が発展していったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez