くすりの話 物質とはなんですかその正体を教えてください

くすりの話 物質とはなんですかその正体を教えてください。エネルギー。物質とはなんですか
その正体を教えてください

原子分子だという事は聞いていないです その正体を教えてください

我々は何でできていて、何を見ているのでしょうか 私にスピンをわからせて。高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所のニュース?
研究成果です。今日は。スピンがあるはずだ。と考えた必然性を示すもう
ひとつの実験を教えていただく約束でしたよね。長岡半太郎は。世界で初めて
。中心に正電荷があってその周りに電子があるという原子構造を考えて発表した
んだよね。どんな実験なんですか?私はもともと放射線を研究していてね。
アルファ線は透過力の小さい放射線で。その正体は「とても速く走る

PM2。警戒すべきものだとはなんとなく知っていても。実はその正体をよく知らない…
お住まいの地域の濃度は。環境省の大気汚染物質広域監視システム「
そらまめ君」で確認することができますので。こちらも参考にしてください。ホタルはなぜ光る。ホタルが近くにいて光らない場合。軽く息を吹きかけてみてください。刺激され
て光ります。 ゲンジホタルその中にはルシフェリンという発光する物質と。
発光するのを助けるルシフェラーゼという酵素があります。このつの物質と体くすりの話。Q。はじめは「抗生物質を1日3回8時間ごとに飲んでください」といわれたの
に。次に受診したとき「毎食後30分」といわれました。どうして指示が変わる
のですか。 A。はじめにいわれた「8時間ごと」という意味は。

クエン酸って何だろう。その正体や特長。得意なこと。不得意なことを理解しておくと。うまくいか
なかった理由も理解できますし。自分で工夫することができます!ある物質を
水に溶かしたとき。その液体がどんな性質を持つのかでアルカリ性と酸性に分類
されます。重曹の正体 では本題です。 重曹とは一体なんでしょうか。 化学名
。炭酸水素ナトリウム/重炭酸ソーダ/重曹炭酸ソーダはアルカリ性が高く。
直接手で触れると手荒れを起こす可能性が高くなりますので手袋を使用して
下さい。誰でも分かる「量子力学」ってなんなの。今日はなんで私を呼んだんですか?その原子とか分子のように。物質を
形づくる素材にあたる小さいものを量子と呼びます。量子の中には原子や分子。
電流の正体である電子とか。光のことですが光子とか。いろんな種類があります
」具体的には。例えば目に見えるサイズの玉と量子で。その動き方のルールに
どういう違いがあるんですか?砂の粒を。スプレーみたいなもので。こんな
感じでつスリットを開けた紙に向かって噴射するのを想像してください。

エネルギー。質量はその影。我々の意識は現象であり、実は制御できていない。光も物質も1本の超ひもの振動として表されます。 一本の超ひもの振動数が増えると、エネルギーが増加し質量も増えます。一粒の基本粒子の最大質量は、一本の超ひもがプランク時間Tpこの世の最短時間秒に一回振動する場合です。それをプランク質量と言います。質問者さんの言われるとおり、光のエネルギー量は、E=hvプランク定数×光の振動数と表わされます。つまり、光の輻射エネルギーは、プランク定数×1秒間当たりの振動数となっていたのです。 プランク定数1hは、6.629069×10^-34J*sジュール×秒です。これを2πで割った換算プランク定数ディラック定数「?」が使われます。 ①Eジュール=?ジュール*秒×ν回/秒 です。 そして、?=h/2π=6.629069/6.283184×10^-34J*s =1.054571726×10^-34J*sです。 1秒間に1回振動する1本の「超ひも」である光のエネルギー量は、①より Eジュール=1.054571726×10^-34J*s×1回/秒=1.054571726×10^-34Jジュール です。1本の「超ひも」の振動数が多くなる程、質量が大きくなります。 1本の「超ひも」の取り得る最大の振動数質量をM㎏とします。この質量を1本の超ひもの質量の最大値『プランク質量M㎏= 2.17651×10^-8㎏』と言います。 この時、「超ひも」は時間の最小単位『プランク時間Sp= 5.39106×10^-44秒』に1回振動します。これ以上短い時間はないのですから。また、M㎏の質量はMC^2ジュールのエネルギーに換わります。ですから、 ②最多振動数の1本の「超ひも」のエネルギーEジュール= 1?ジュール*秒÷Sp=MC^2 ②1?/Sp=MC^2 です。 では、実際に、プランク時間Spに1回振動する1本の超ひもの質量M㎏のエネルギー量を求めてみましょう。 ③1?/Sp=1.054571726×10^-34J*s÷5.39×10^-44秒=1.956534×10^9Jジュール ③MC^2=2.17651×10^-8㎏×2.997924×10^8m/秒×2.997924×10^8m/秒=1.956150×10^9 Jジュール となり、②が成立することが分かります。これで、「プランク時間に1回振動する1本の『超ひも』は、1本の『超ひも』が取り得る最大質量プランク質量を換算したエネルギー量プランクエネルギーを有する」ことが分かります。 可視光線は、紫から赤までです。赤い光は3.9×10^14Hzヘルツ?紫の光は7.9×10^14Hzヘルツです。1Hzは1秒間に1回振動する光です。そのエネルギー量が、1.054571726×10^-34Jジュールであることは、既に説明しました。 赤い光の1秒当たりの振動回数ν回/秒=3.9×10^14回 紫の光の1秒当たりの振動回数ν’回/秒=7.9×10^14回 です。ですから 赤い光のエネルギー量E=?ジュール*秒×3.9×10^14回/秒=4.112830×10^-20ジュール 紫の光のエネルギー量E’=?ジュール*秒×7.9×10^14回/秒= 8.331117×10^-20ジュール です。これを質量に直すには、E=mC^2?m=E/C2を使います。 赤い光の質量m㎏= 4.112830×10^-20ジュール÷C2=4.112830×10^-20ジュール÷{2.997924×10^8m/秒}2=4.576139×10^-37㎏ 紫の光の質量m’㎏= 8.331117×10^-20ジュール÷C2=8.331117×10^-20ジュール÷{2.997924×10^8m/秒}2=9.269615×10^-37㎏ です。これで可視光線は、4.576139×10^-37㎏から9.269615×10^-37㎏までの質量を持つことが分かりました。 従って、光も質量を持ち重力によって落下することが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez