タバコ休憩 タバコ休憩について所定の休憩時間以外のいわゆ

タバコ休憩 タバコ休憩について所定の休憩時間以外のいわゆ。まぁ成果主義でなくても、利益を出している社員なら、多少は目をつむってくれるでしょうね上役は。タバコ休憩について

所定の休憩時間以外の、いわゆるタバコ休憩がサボりだという意見に対して
「成果を上げてれば構わない」という喫煙者の意見がありました 一見 正しい意見のようですが
しかしこれって 成果主義を採用してる会社にだけに当てはまる事ではないでしょうか

従業員が10人以上いる会社には就業規則が必ずあります

就業規則で休憩時間が決められてるのなら それを守るのが当然だとするのが普通の人間の考えだと思うのですが、喫煙者は なぜ規則を無視して自分だけのルール(成果を上げていれば休憩しても良い)が いとも正しいように言って来るのでしょうか

社会にはルールがあります
喫煙者はルールを守ろうという考えが無い生き物なのでしょうか 勤務中1時間ごとに喫煙。このような場合でも。昼食などの休憩時間に他所で喫煙することまでは禁止され
ていない例が多いのですが。奈良県生駒市は職員による昼休み以外の職務時間内
の喫煙を禁止するとともに。喫煙後分間のエレベーター使用を

職場における喫煙を。しかし。タバコ休憩の多すぎる社員に対する「不公平感」をとりはらい。企業
秩序を遵守するためには。一定の時間を超える喫煙休憩については賃金を控除
するなど。喫煙者と禁煙者とで労働条件に一定の格差を設けることが労務管理における「タバコ休憩」はどう考えるべき。しかし。タバコ休憩のための定められた休憩時間以外の勝手な離席は。この
流れを中断させてしまうだけでこれを「職務専念義務」と言い。公務員
においては法律で定められたものであり。民間企業の社員についてもタバコ休憩。タバコ休憩やトイレ休憩が多すぎる社員に経営者?人事担当者がとるべき対応と
は?労働者は休憩時間以外の労働時間中は職務に専念すべきである」という
原則は。経営者としてあたりまえのことだと思われがちですが。

労働基準判例検索。いわゆる事件名, 。, 日本ゴム工業事件 争点, 。 事案概要, 。, 本社工場ゴム部門
ロール職場において製練工として勤務していた従業員が勤務時間中喫煙のため三
〇分原告は被告のロール工場製練職場に勤務中昭和二九年七。八月頃喫煙場所
以外のところであるボイラー室で数回同僚に喫煙時間と称し作業の合間を見て
一〇分位喫煙のための休憩を与えていたこと。したがつて原告は所定の喫煙時間
を休憩とは。休憩時間とは。労働者が労働を中断して。自由に休息する権利が保障されている
時間のこと。電話番や来客受付対応。積込係が貨物自動車の到着を待っている
時間などのいわゆる手待時間は。休憩時間ではなく労働時間になります運送業
では。始業から終業までの拘束時間のうち。労働時間以外の仮眠時間を含む時間
を休憩時間と定義付けているのです休憩時間中に仕事を頼まれた場合は
どうなるのか。休憩時間を短縮して早く帰ることはできるのか。タバコや

喫煙時間の取扱いについて。まず喫煙者と非喫煙者で勤務時間が異なることについては。どの職場でもあり
得ることですから。会社の判断で喫煙時間指定をしたり。休憩中だけに喫煙する
ようなルール作りをしています。 これはそもそもそうした自己管理ができず。不
公平喫煙者。いくら非喫煙者といえども。休憩時間内まで喫煙しちゃダメとはさすがに言わ
ないでしょう。中には煙を休憩時間以外に一服するのが問題の核心部分ならば
。ここをどうやって解決するのかが考えどころです。 喫煙の回数

まぁ成果主義でなくても、利益を出している社員なら、多少は目をつむってくれるでしょうね上役は。ただし、その判断基準はあくまで上役であり、社員が言う言葉ではありません。喫煙者達はそこら辺りを勘違い解ってないのでしょう。大した実績の無い人間程その様な事を喚きます。雇用契約次第でしょう。成果主義の雇用契約なら、その喫煙者の言う通り。しかし勤務時間帯にその場所にいることを求められているなら喫煙者の主張は間違いです。その場所でクライアントからかかってきた電話を取るのも仕事。部下の行動を監視するのも仕事。これらを一緒にしようとするならなら、それは質問者さんの考えが正しい。しかし喫煙者はタバコに知性を奪われてしまったかわいそうな人達です。彼らも本来は普通の人だったはず。タバコの存在が悪いのです。彼らを非難するのではなく、タバコを社会から廃絶することが正しい道かもしれません???>しかしこれって 成果主義を採用してる会社にだけに当てはまる事ではないでしょうか?ん?、それって、成果主義を採用してる会社であれば「タバコ休憩がサボり」は当てはまらない、味噌クソ一緒 十把一絡げに何でもかんでも全ての企業で「タバコ休憩がサボり」と言うことはできない、と言われているのではないのですか?「タバコ休憩=サボり」と直結しちゃう昨今の風潮キミらに対し、必ずしもそうとは言えないと一石を投じられているのではないですかねぇ?>社会にはルールがあります。>喫煙者はルールを守ろうという考えが無い生き物なのでしょうか? 全国全ての企業で休憩時間以外の休憩離席が就業規則で認められていないと思っておられるのですか?たしかに。どういう経緯で問題になってるのかを理解してない社外者の言う「成果をあげてればいいだろう」は当てはまらないケースも多いと思います?-_-?再三の喫煙ルール違反を契機として禁止になった職場とかも聞いたことありますし…なにより喫煙休憩をとっててデキル人もいればデキナイ成果をあげてない、周りへのフォローが足りてない人も実際にいるだろうから-_-;なるほどねえ、>社会にはルールがあります。そうですね、同様に個々の企業にはルールを始め経営責任を有する経営者やその意思を汲む管理職の方針がありますので質問者さんの様にご自身の価値観を質問者さんと無縁な他社に当てはめようとするそのお考えが先ず間違いですね。ご自身が経営者になってからご自身の会社で実行しましょう。ルールを守ろうという考えが無いなら「成果を上げてれば構わない」などとあえて言わず、勝手に喫煙するだけでしょう。「成果を上げてれば構わない」という喫煙者の意見がありました。 この時点で「喫煙者はルールを守ろうという考えが無い生き物なのでしょうか? 」の回答になっています。そうですね、会社には会社ごとの規則がありますので必ずこうでなきゃいけないという事はないです。今はよくても将来変わる事もあります。時代の流れは喫煙者には厳しくなるばかりでしょう。だから喫煙者も成果をあげれば構わないというのは違うと思います。せめてもの発言での反撃をしないとやってられないのでしょう。無能な働き者、というワードを一度検索してみてください^_^風紀として、休憩以外は席を離れずな。ということでしょうか?喫煙がダメとして、社内自販機でコーヒー飲みながら、仕事のことで話のはどうなりますか?コーヒーの代わりに喫煙だったらどうなりますか?トイレはどうなりますか?学校みたいに、休憩時間に済ませてくれ?成果主義でなくとも、その社の一日の平均的な仕事量をこなし、余ったらどうしますか?明日の分に手を付ける。誰かの分までする?休憩時間がなくても、適度な休憩は必要と思いますが?複数に渡ってスマホ片手に、15分もの喫煙、ティータイム、トイレは確かにおかしな話とは思います。仕事の振りして、パソコンでネットニュースを見て過ごす社員はOK?席にさえ、着いていればいいものでもないと思うけどね。ヤニカスはてめえに都合のいいことばかり主張する自己中のヤク中しかいません下で何かほざいてるヤニカスがいい例ですね→喫煙者は なぜ規則を無視して 社外へ勝手に出ての喫煙ならともかく、社内に喫煙所があるなら規則無視ではなかろうね。 それに、オマエに関係のない会社内の事をオマエがガタガタ言うのは筋違い笑 文句は、オマエのいる会社内のヤツにのみ言えよ笑 他社の内部規律に口出しするなんて越権行為笑 他所の会社がどうなろうとオマエに関係ない笑 各々の会社が、各々で考える問題でありオマエには全く関係ない笑 こういうのを「大きなお世話」と言うんだ、わかったか?笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez