大阪都構想の危険性に関する学者所見 大阪都構想って 大阪

大阪都構想の危険性に関する学者所見 大阪都構想って 大阪。一度失敗しましたが、単純にあれは交通費無償をやられたら嫌な老人たちがこぞって投票しにいき、若者が全然投票しないせいで、老人ばかりの意見が反映されたナンセンスなやつだったので維新としては納得できないんでしょうね大阪都構想に賛成するということは「どうぞ大阪市をぶっ壊して下さい」「地位も金も大阪府に差し上げます」。大阪都構想って 大阪をかえって衰退させると思うんだがどう思う 市民 に選ばれた人達がみな無能ばかりだと思うから 『大阪都構想』の危険性に関する学者所見。3.橋下市長が「二重行政」を声高に主張するのは。大阪における大規模な
インフラ開発の権限と財源を大阪府に集中するためにほかなりません。 4.「
維新の会」は。広域自治体である大阪府に権限と財源を集めて大型開発を進める
一方。大阪市:「特別区制度いわゆる大阪都構想」ってなに。問なぜ特別区制度いわゆる「大阪都構想」が必要なの? 大阪の成長の
スピードアップを図るとともに。住民に身近な行政の充実を図るためには。大阪
府?大阪市を再編することで。広域行政は大阪府へ一元化し。大阪市をなくして
基礎

「大阪都構想の危険性」に関する学者所見。大阪都構想」。すなわち「特別区設置協定書」に基づく大阪市の廃止と五分割
については。大阪市民の暮らしや都市の大阪市24行政区に都市計画権限を
委譲し。市民の生活空間を住民主体のまちづくりで充実させることこそが。大阪
の「都市の品格=都市格」を取り戻す道である。以前の大阪は。支持政党や
思想信条の違いがどうであれ。もっと人情味に溢れた街であった。だが,大阪
の長期衰退の原因は,西日本における中心性の低下,国土の双眼構造の崩壊に他
ならない.都構想。大阪市をなくして四つの特別区に分割する大阪都構想の住民投票が月日に行
われる。賛成派と反対派を代表する人に。焦点となっている大阪府と市の二
重行政や住民サービスについて聞いた。でも。自治体がどう牽引けんいん
するかが都市の成長に大きく寄与する。今は万人の市民を人の市長が見て
いる状況だが。基礎自治の業務は身近なところで決定できる人を選んでいくの
人の関係や政党の関係がずれた時には必ず二重行政になると思う。

本当に必要なのは8倍速で決められる仕組み。大阪市を廃止して特別区を設置する「大阪都構想」は2回否決されましたので。
最短距離で駆け抜けるプランはもう使えません。大阪市を残したまま二元行政を
解消する。非常に難しく遠回りな道を大阪市民は選択しました。

一度失敗しましたが、単純にあれは交通費無償をやられたら嫌な老人たちがこぞって投票しにいき、若者が全然投票しないせいで、老人ばかりの意見が反映されたナンセンスなやつだったので維新としては納得できないんでしょうね大阪都構想に賛成するということは「どうぞ大阪市をぶっ壊して下さい」「地位も金も大阪府に差し上げます」 「貧乏自治体になっても平気です」「失敗した時の責任は私たち市民が負います」「住民サービスの切り捨てられても文句は言いません」「経済効果なんて真っ赤なウソだけどそれでも構いません」「膨大な初期費用がかかるけど、それは無視します」「二重行政の解消など建前なのは知っていますが、それも無視します」「もう政令市に戻すことはできませんが、後先考えずに突っ走ります」「私たちは財政が苦しい大阪府の為の捨て石になります」ということです。すでに松井知事橋下市長以降、大阪都構想は実現しています。市長が市単独にこだわらず、大阪都として成長戦略を進めていることで、万博が誘致され、なにわ筋線や淀川左岸線、うめきたの開発などが進んでいます。都構想はこの方針を固定化するためのものです。維新以前の大阪と今の大阪、どちらが発展しているかは明らかでしょう。関西のインバウンド消費、関東より大幅に伸長 3年前の2.8倍 – 産経ニュース 大阪府は3.6倍関東は同じ期間で1.8倍大阪の都市公園、民活で一変 天王寺公園、芝生や店増やし訪日客?若者呼ぶ:日本経済新聞 大阪の都市公園が民間のノウハウを取り入れながらにぎわいを増している。天王寺公園は近鉄不動産による新施設整備やイベントが奏功し、老若男女や外国人が滞在する空間に一変。大阪城公園も観光地としての魅力が高まりつつある。自治体と企業の連携が進めば観光活性化にも一役買いそうだ。かつて観光客らが立ち寄りにくい雰囲気だった天王寺公園。「以前は素通りしていたが、インターネットで子供連れに人気だと知った」。大型連休の谷間の1日、千葉県から帰省して訪れた主婦は様変わりした光景に驚いた様子だった。地元野菜などを扱う産直市場やイタリアから取り寄せた窯でピザを焼く料理店などのほか、フットサルコートやドッグランもある。食材を買う主婦、寝転んでパソコンをのぞく若い男女、昼寝する初老の男性の姿も。昨秋開業した訪日客向けゲストハウスは週末には14部屋が全て埋まる。こうした努力が実を結び、2016年度の来場者数は380万人と12年度の約3倍に上った。大阪市の公募に名乗りを上げた近鉄不動産は12億円を投じて芝生や店舗を整備し、芝生広場「てんしば」を開業した。同社が市に年3千万円を支払い、誘致したテナントからの賃料で投資を回収する仕組み。整備した芝生は市に寄付した。阿倍野?天王寺地区は近鉄グループホールディングスにとって最重要拠点の一つ。若者や女性が足を運ぶ環境を整え、流通や鉄道事業への波及効果を見込んでいる。大阪城公園では15年から電通や大和ハウス工業など5社のグループが運営に参画。固定費として年2億2600万円と収益の7%を市に納める。6月にはJR大阪城公園駅前にレストランやカフェを集めた施設を開業する。本丸広場の歴史的建造物「旧第四師団司令部庁舎」は今秋にも、天守閣を眺めながら食事やアルコールを楽しめるレストランとなる。昨年からは観光客を乗せて公園内を巡る「ロードトレイン」の運行も始めた。「大阪城を訪れる観光客の滞在時間が長くなり過ごし方が広がる」と、共同事業体の代表者を務める大阪城パークマネジメントの米田巳智泰取締役は期待する。官民ファンドのクールジャパン機構が吉本興業などと組み、歌舞伎などの伝統芸能を公演する劇場を公園内の複数の場所に整備する計画も進行中だ。大阪市営地下鉄民営化「大阪メトロ」が進化、新駅は自動運転車で走る!?大阪メトロは2025年大阪?関西万博に向けて、地下鉄の自動運転化を検討する。24年度に地下鉄?中央線の阿波座駅と、万博会場の人工島?夢洲に建設する新駅間で自動運転の実証実験を計画。最先端技術を駆使し、新しい交通サービスの提供を目指す。万博が大阪に決定する前に策定した中期経営計画を改定し、25年度を最終年度とする新中計に盛り込んだ。 新中計では25年度内に地下鉄の全133駅へのホーム柵設置やバリアフリー化も進める。 次世代の駅改札モデルとして、顔認証によるチケットレスやキャッシュレス化も目指す。8年間の累計投資額は4800億円を計画する。阪神高速淀川左岸線、延伸へ前進 大阪府?市 大阪府と大阪市は、阪神高速淀川左岸線の「延伸部」について、国が事業化する前提となる、都市計画法に基づく都市計画を決定した。淀川左岸線延伸はこれまで進んでいなかったが、府市は都市計画決定を踏まえ、国に2017年度の事業化採択を働きかけていく方針だ。 淀川左岸線の整備は、01年に国の都市再生プロジェクトに位置づけられたが、府市が建設費の負担割合などで折り合えず、停滞。しかし、11年に整備推進を掲げる松井一郎知事と橋下徹市長が就任し、府市は計画決定に向けて具体的な作業に入っていた。府市は今後、費用負担など具体的な事業の枠組みを協議していく。 延伸部は第2京阪道路と近畿自動車道が交わる門真ジャンクションと、新御堂筋を結ぶ自動車専用道路。府は総事業費を3千億~4千億円で、事業化決定から完成までに10年程度かかると見込む。片側2車線で大部分が地下70メートル以下の大深度トンネルとなる計画だ。 延伸部のほか、整備中の淀川左岸線や大和川線が完成すれば、湾岸線や近畿道とともに大阪都市再生環状道路が完成する。キタ─ミナミに新動脈 なにわ筋線、31年春開業 :日本経済新聞関西国際空港や新大阪駅へのアクセス向上のため、大阪都心を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」を建設することで大阪府?市、JR西日本、南海電気鉄道などが合意し、発表した。関空と梅田を直結する初の大動脈は2031年春に誕生する。新たなヒトの流れはインバウンドや企業の誘致といった経済活性化にも寄与。大阪駅北側の「うめきた」や再生医療研究の拠点整備が検討されている中之島に設置される新駅周辺の開発にも弾みがつきそうだ。なにわ筋線はJR西と南海が一部共用する7.4キロの路線だ。関西国際空港へのアクセス改善が見込まれる。現在は梅田と関空を結ぶ特急列車はない。うめきた地区で建設中の北梅田駅が23年春に開業すると、北梅田―関空駅間は環状線を通るJR特急で51分と、現状の大阪―関空駅間の快速電車より約15分短縮される。31年春開通のなにわ筋線を走ると、国土交通省試算ではさらに5~11分短縮される。複数の鉄道会社の調整や巨額の事業費などが壁になったとみられ、計画はなかなか進まなかった。しかし2008年、大阪府の橋下徹知事が建設推進を求め、府と大阪市、経済界が協議。14年から大阪府市とJR西日本、南海電気鉄道による4者協議が始まった。大阪駅前に広大な「森」 うめきた2期、動き出す再開発:朝日新聞デジタル JR大阪駅の北側に、広大な「緑」が誕生する。再開発を進めている「うめきた」の2期区域の事業者に決まった三菱地所などの企業連合が計画を発表した。中央の都市公園を囲むビルにも植栽などをふんだんに採り入れ、17ヘクタールの開発区域のうち8ヘクタールを緑地が占める。 うめきたは、旧梅田貨物駅の跡地を、地権者の都市再生機構が2期に分けて再開発するプロジェクトだ。2013年に完成した1期では、大型複合ビル「グランフロント大阪」を建設した。 24年の完成をめざす2期では、敷地を東西に貫く道路をはさむように緑豊かな都市公園を配置。道路沿いにはカフェやショップを置く。公園の外側には、ホテルやオフィス、分譲住宅などのビルを建設する。 新しい産業を生み出したり、企業が商品を開発したりする「イノベーション」の拠点づくりも目指す。 2期の区域内には、JR西日本が地下新駅「北梅田駅」を建設する。31年春に、南海電鉄などと、関西空港に向かう新路線「なにわ筋線」を開業して、ここに接続する計画だ。 JR大阪駅北側の再開発地区「うめきた」の2期区域の事業者が、三菱地所、オリックス不動産など計9社でつくる企業連合に決まった。大阪中心部の一等地は、「みどり」と「イノベーション」をキーワードに、新たな街の顔を目指す。大阪の「ニシ」がキタ、ミナミを超える日 万博、IRで注目 2019.2.6 産経WEST 2025年の万博の開催地に決まった大阪へ、世界からの不動産投資の関心が集まりそうだ。長年活用されず「負の遺産」とされてきた万博会場の人工島?夢洲では今後、鉄道の延伸や商業施設の開発が進み、さらにカジノを含むIRの誘致も期待されている。近年、大阪市中心部の「キタ」「ミナミ」の不動産市場はホテルやオフィスビルの需要の高まりで活況だが、「ニシ」に位置する湾岸部が新たなにぎわいの拠点としてさらなる投資の呼び水となるか。 昨年11月の万博開催地の決定を受け、先陣を切って動いたのは大阪メトロ。同社は、万博開催前年の24年までに、現在はコスモスクエア駅までの中央線を、会場となる夢洲まで、海底トンネルの「夢咲トンネル」を経て延伸する。さらに、夢洲新駅と商業施設が一体化した高さ275メートル規模の「夢洲駅タワービル」を建設する方針も発表。地上55階建てで飲食店や店舗、ホテル、オフィス、展望台などからなる大型施設で、投資規模は1千億円超を見込む一大プロジェクトだ。 このほか、万博会場と隣接して、大阪府?市はIRの誘致を目指している。誘致が決まれば、JR西日本が桜島線を舞洲を経由し、夢洲に延伸する計画や、京阪電気鉄道が中之島線を大阪メトロ中央線の九条駅に接続する計画もある。 近年の大阪の不動産市場は追い風だ。景気の回復により需要の高まるオフィス、インバウンドの増加によるホテル、投資用マンションなどの建設が続く。 これに伴い、海外からの投資は拡大。JLLの調べでは平成30年、100億円以上の大型不動産取引は大阪で15件あり。7~9月の取引額は過去最高だった。 新たな拠点として今後の開発が期待される湾岸部。期間限定の万博の開催だけでは、民間企業は慎重な構えだが、IRが決まれば投資が一気に動く可能性がある。IRには多くの外資系企業が関わるとみられることもあり、湾岸部の「ニシ」は、「キタ」「ミナミ」に続く新たな投資先として注目される。東京がやって成功したことを大阪が真似してるだけの話だが。都構想は一度、住民投票で否決されているにもかかわらず、それに納得しない維新が、出直し選挙して選挙で勝ったからと、再度、都構想の住民投票すると、「勝つまでジャンケン」をやるようですね。「大阪の街場」にこだわってきた名物編集者が分析する維新人気の正体とは?江 弘毅 わたしが“維新とW選挙の検証本”を編集した理由──「おもろい」維新が大阪の街の「おもろい」を壊す東京と同じシステムですから合理的になると思いますよ。東京も昔は東京府だったのですよ。大体大阪府と大阪市があるなんて二重行政だと思いますよ。大阪都で良いと思いますよ。そして東京都の様に世田谷区とか特別行政区にしたら良いと思いますよ。周辺の市を吸収したら良いと思いますがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez