懲戒権の見直し 児童虐待で懲戒権の見直しまで議論されてい

懲戒権の見直し 児童虐待で懲戒権の見直しまで議論されてい。あなたの仰る意見も一理あるとおもいます。児童虐待で懲戒権の見直しまで議論されているけどとんでもない話じゃないですか

悪さするガキなんてむしろ鉄拳制裁して戒めるのが普通でしょ

子供の権利を過剰にしすぎではないんじゃないですか 学校でも悪さするような生徒は教師が昭和や平成初期の頃のようにどんどん体罰加えて、体で分からせるようにしないといけませんよね 「懲戒権」に関する見直し議論が加速――都条例案のパブコメには。学校での体罰が法律で禁止されているものの。その規定が徹底されていない; 家庭
や社会的養護児童養護施設。里親などでの体罰が法律で明確に禁止されてい
ない; 民法と児童虐待防止法は適切な「懲戒権」の行使を認めて子への「懲戒」文言削除。法制審議会の民法親子法制部会は日。親権者に必要な範囲で子どもを戒めること
を認める民法の「懲戒権」について案早ければ年月末までに民法改正
案をまとめ。同年の通常国会で改正を目指す。年月に施行した改正児童虐待
防止法は親しつけを名目とした虐待につながっているとの指摘がある。
つの案をパブリックコメントにかけたうえで。再び部会で議論する。

懲戒権の見直し。19日に成立した児童虐待撲滅に向けた法改正。親による子供への体罰禁止が明
文化されており。今後の焦点は民法の「懲戒権」の見直しをめぐる議論になる。
ただ。子供の「し…

あなたの仰る意見も一理あるとおもいます。ごもっともな意見だと思います。ただそれは、昔の様に指導力や教育理念をしっかりとした教師が多く居た頃の話です。今、教師もサラリーマン根性化して、一例ですが、妻が妊娠したら自分のクラスの受け持ちよりも、育児休暇を選択する教師が多いのです。ある時期PTAが力関係が勝るとき体罰は暴力とされ、不良くそガキは、悪い方向へ流れて行きました。少子化で子供を大事にし過ぎも要因ですね。陰湿なイジメにも本来家庭で教育される人間形成も破綻しているのです。教育する親も精神年齢が低年齢化しています。煽り運転をするのは親世代です、それを見て育った子供が学校で押さえられる指導力のある教師が存在するのでしょうか、穏便に事なかれ主義で3年我慢したら卒業を願っているレベルの教師ばかりです。そうさせたのも教師から翼をもぎ取った社会の責任もあります。手を出すのは昔の教師はその子を更生させる愛の鞭でしたが、今は怒りに感情をぶつけるだけの憎悪の暴力なのです。閉塞感が強い社会にあって、もう常識や話し合いで解決する問題では無いのですよ。教師は精神を患って精神科に通う教師が非常に多いそうです。近い将来、教師を志願する人が居なく成るのではないでしょか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez