日本8強逃し涙 ロシアワールドカップのベルギー戦 たられ

日本8強逃し涙 ロシアワールドカップのベルギー戦 たられ。☆日本の守備力は決して高くないという事を考えますと私はそういう布陣でも2点を守り切れなかったと思いますね。ロシアワールドカップのベルギー戦
たらればの話です 日本は2点をとった
あと3バックプラスSBで5バックで
守れば二点差を守れたのではと
思うのは私だけでしょうか
2点リードした時点 でガチガチに
守れば勝てたのでは
そう思うのは私だけでしょうか
西野さんはアトランタ五輪のブラジル戦
の時に守り勝ってます なぜ
そのサッカーをベルギー戦でしなかったのか疑問です「日本代表に誇りを持った」サッカーの醍醐味が凝縮していた劇的。サッカー日本代表?心を揺さぶられたベストゲーム第8回。年7月2日
ロシアW杯決勝トーナメント1回戦ロシアワールドカップ。ベスト8進出を
かけたベルギー戦は。「マイ?ベストゲーム」と言える。幕切れが劇的だった
だけに。そこがクローズアップされるが。1試合を通じ。これほどサッカーの
醍醐味を感じられたことはない。と延長までもつれたことを考えれば。
その時のほうが記録突破には近づいたのだが。ベルギー戦の記憶は格別だ。

サッカーW杯日本。サッカーのワールドカップ杯ロシア大会で日本は日。ロストフ?オン?
ドンでの決勝トーナメント回戦ベルギーヤン?フェルトンゲンは柴崎の
ボールを止められず。このゴールで。日本には一時圧勝の気配も漂った。
ヤード約メートルの距離から決められたこのヘディングシュートは。
統計が記録され始めた年以来。杯における頭での得点で最長距離の[ロシアW杯]日本vsベルギー。あくまで予報です。フース?ヒディンク─ドイツ杯。日本戦を振り返って
/_ # #勝っても負けても。どちらになっても後味が
悪いし。嫌な気持ちになる #日本代表 # 今月日が有力?「スローモーション」の悪夢~昌子が苦悩するベルギー戦の失点。サッカーのワールドカップW杯ロシア大会に出場した日本代表の各選手は3
日。ベルギーに惜敗した前日の決勝トーナメント1回戦を振り返った。「頭の中
で最後の失点シーンが。ずっと回っている。目の前で決められた

日本8強逃し涙。た。日本FIFAランク61位が決勝トーナメントT1回戦で
ベルギー…ワールドカップW杯ロシア大会。日本2-3ベルギー>◇
決勝トーナメント1回戦◇2日日本時間3日◇ロストフナドヌーロシアW杯回想。ベルギー戦を戦ったスタメンの人写真。ロイター/アフロというわけで。
いま一度。しぶとくロシアW杯を振り返って見たい。 今回は日本代表編。
タラレバ話になるが。今大会はチャンスだった。この記事は有料です。失職
し困窮。住まい失う人も巣内尚子7月12日の関連記事スクラップ/朝日の
教育別刷りは中高入試特集/ソニーの多角化を毎日が解説石渡嶺司ロシアW杯回想。というわけで。いま一度。しぶとくロシアW杯を振り返って見たい。今回は日本
代表編。タラレバ話になるが。今大会はチャンスだった。グループリーグでド
ロシアW杯回想。ベルギー戦のスタメンを見てがっかりした理由 年月
日 時分この記事の続きは会員限定です。入会をご検討の方は「ウェブ

鹿島?昌子源インタビュー<後編>。原田大輔; 年月日 ベルギー戦で試合終了間際に鮮やかなカウンターを
決められた後。昌子はピッチをたたいて悔しがった写真。ロイター/アフロ
日本初のベスト8進出を懸けて挑んだワールドカップW杯ロシア大会の
ベルギー戦。2点を先行しながらも追いつかれた日本は。試合2点目を奪った
瞬間。僕は少なからず。次のことを考えてしまったんですよね。すべて。た
らればになってしまいますが。延長戦に突入していたら2?5で負けていたかも
しれない。

☆日本の守備力は決して高くないという事を考えますと私はそういう布陣でも2点を守り切れなかったと思いますね。他にもスイーパー型の4バックのフォーメーションというのもありますね!でも、そういった守備的な布陣を普段から練習していないと中々難しいと思います。コンパニのような優秀なDFがいれば可能だったかもしれませんね。吉田選手の守備は決して悪くはなかったですね。よく頑張っていましたね!名手のクルトゥワから2点も取るなんて凄い事ですよ!日本のスタミナ不足という印象でしたね☆日本の2点目が52分ですので、あと残り約40分ありますね。ガチガチの守りに入るにはまだ早すぎる????2-0とゆうスコアもだけど、内容的にもベルギー相手に堂々としたものでした。こんなにもうまくいっているのに、ここで、大きくやり方を変えるのは難しい判断だったと思います。また、選手たちもそのような戦術変更に対応が出来ないと思います。この辺りが強豪国との経験値の差なのかもしれませんね。ロシア大会で、決勝トーナメントに進むのが3回目となりましたが、例のポーランド戦のこともあり、グループリーグ突破だけでは、誰も満足していなかったでしょう。ここは過去2大会と大きな違いだし、大きな成長だと思います。日本VSベルギーはロシア大会のベストバウトだと思っています。フェライニを長友にところに当ててきましたね。明らかに身長差を狙ったものです。ですので単純に5バックにするのではなく長友を槙野か植田にして身長差を縮める必要があったと思います。引いて守るのは日本にとっては悪手です高さでは完全に負けているのですから引いて守るとゴールに近くなる=放り込みによる強引なこじ開けによる失点が危惧されます惜しむらくはスタメンと控え陣にあまりに差があり過ぎたこと後半真ん中ぐらいからスタメン陣のスタミナが切れており中盤でプレスをかけられない、押し上げたい時に押し上げられないというのが見られるようになってきましたその前のポーランド戦を見て控え陣では戦えないと判断したのでしょうこれ何度もあちこちで話しましたが、勝てたと思ってます。2-0になり、フェライニを入れてきた瞬間に3バックへ変更すべきでした。これは単純にSB含み5バックになるからということではなく、高さ対策として長身で強固なCB3人必要でした。酒井もいましたが、彼は183あって体格も上手さも申し分無いですが、ジャンプ力が無いし、あと上手くても背の低い長友ではとても抑えきれませんでした。相手の190クラスが5人もいたので、やはりそれなりのCB3人がどうしても必要でした。これでももちろん充分ではないですが、日本として出来る範囲の最低限がこれでした。西野監督は、高さ対策もまさかの2-0で勝っていても、どちらに対しても無策だったそうで、この辺はまるで考えなかったというから驚きですが、周りのスタッフとかも何も助言しなかったのでしょうか?この辺経験の無さが如実に現れましたね。西野監督は、今回良いところがたくさんありましたので、これだけ責めて批判するのはどうかと思い、この辺は経験不足とあまりの短期間での準備不足で致し方ないと思ってます。大変残念でしたが。西野さんは2-0になってから、「頭が真っ白になった」と語ってました。加えてそれは自身の経験不足のせいだとも。そんな感じで策を講じられなかったようですが、そもそもベルギー相手に2-0になったのが幸運であって、同じやり方でその後3点取られるのが、地力の差なわけです。西野さんはアトランタでのサッカーが、日本では「消極的だ」といって評価されてないことに反発し、それからムキになって攻撃サッカーを極めようとしたそう。その到達点がアジアを制した頃のガンバであって、五輪での西野さんとその後の西野さんは、全く別と言えます。で、5バックにしてたらどうかは、わかりません。何とでも言えることですし。ただハリルが「私だったら2-0から逆転されることはなかった」と語ってて、それは負け惜しみのように聞こえるけど、サッカーでは普通あんな展開にならないってのは事実ですよね。因み2-0が危険というのは、日本独自の文化です。それは他のリーグのデータにも表れてるし、W杯で2-0から2-3になった試合は、48年ぶりのことだったとか。守備的なフォーメーションをとってしまうと一方的に攻め込まれる状況が続きます。そうするとゴール付近でのフリーキックやコーナーキックが増えます。身長のミスマッチが多いとリスキーな戦術になってしまいます。日本は吉田189、酒井183、昌子182がトップ3ですが、ベルギーはフェライニ194、ルカク190、シャドリ187、ヴィツェル186など。準備期間の少なさも挙げられます。誰がどういう守備対応をして、誰がそれをカバーして的なことを徹底する必要性がありますが、そこまでの緻密さを追求する時間がありませんでした。おそらく守備的フォーメーションという選択肢そのものがなかったと思われます。サッカーにおいて1番油断しやすいのが2-0で勝利している時だと言います。1点差だと勝ってても1点取られればふりだし。3点差以上だとほぼほぼ勝ち確定。負けてるチームもメンタル強くないと持ち返せないですね。ですが2点差は勝ってるチームは多少油断しがちになります。そこで1点失点すると負けてるチームは士気が上がり、続けざまにもう1点取る場合がよくあります。そうなる事を危惧してあくまでも守備的にならず、そのままでバランスを保とうとしたのでしょう。ですがベルギーの個々の選手の能力の高さ。パワープレー。結局フィジカルの要素で負けた気がしますよね。もちろん5バックで戦っていたらもしかしたら勝っていたかもしれませんが、タラレバの話にすぎませんよね。崩されたってよりイージーなミスで失点して負けてるから何人で守っても状況は変わらなかったかとフォーメーションの問題ではなく、各選手の守備技術に問題があったと協会では結論付けているそうです。アトランタのブラジル戦は一方的に攻められるだけだったので、あれで次も同じ結果になるとはとても思えない。5-0で負けていてもおかしくなかったんだから、あれを根拠にするのは危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez