無理やりに注意 抱っこされるのが下手な猫は抱っこされ上手

無理やりに注意 抱っこされるのが下手な猫は抱っこされ上手。我が家にもそう言う猫がいます。抱っこされるのが下手な猫は抱っこされ上手になりますか 猫を抱っこするのが好きで
抱かせてくれる猫がいると抱っこするのですが
抱っこされるのがとても下手な猫がいます

諸事情があって、その子は虐待こそされていませんが
あまり人から構われずに育った猫です(現在7歳くらい)
とても人懐こく、遊びに行くとニャーニャー寄ってきます
嫌がらないので抱っこしてみるのですが、
腕の中で変な体勢になるので落ち着いて抱っこできません
(例:抱っこされながら前足を突っ張って鎖骨をもみもみしたり)

嫌がって体をくねらせて逃げるというわけではありません
腕の中でバランスの良い姿勢を取るのが下手なようです
もちろん私は他の猫なら普通に安定して抱っこできてます

こんな抱っこされ下手な猫でもそのうち抱っこされ上手になりますか
「うちの猫はなった 」とか「何年経っても上手くならない子もいる」とか
経験のある方がいらっしゃったらご回答いただけると嬉しいです 抱っこされるのが下手な猫は抱っこされ上手になりますか。

猫が抱っこを嫌がる理由は。のでしょうか? その理由を知ることが。抱っこ好きの猫に変化させるための
近道になります。そもそも子猫のうちに。母猫から抱っこされるという経験を
しないわけですから。急な抱っこは嫌がることがあります。獣医師監修抱っこが嫌いな猫を“抱っこ好き”にさせる方法。当記事では。抱っこが好きになるためのトレーニングを。ステップでご紹介し
ます。愛猫の個性を知り。自分の行動を省みて。正しい抱っこの方法を学
びましょう。また。日々のコミュニケーションを通じて。抱っこ無理やりに注意。猫を飼っていると。かわいくてつい抱っこしたくなります。けれど。抱っこされ
るのが好きな猫は。どちらかというと少数派ではないでしょうか。もちろん
すんなり抱っこされる猫もいますが。どんなに懐いていても抱っこを

猫の抱っこがしたいんだ。猫は狭い場所が好きで。自らもぐりこんでいくようなことがありますが。圧迫を
感じるほど密着されるのは苦手。自由が奪われ。危険が迫ったときに素早く行動
できないため。不安に思うようです。 自立心が高いタイプの猫猫が「嫌がる抱っこ」をする人に見られる傾向。ーー抱っこが嫌いな猫をいくら上手に抱っこしようとしても。できるようになる
のは難しい…というわけですそれを見て『あの人は猫の抱っこが下手』という
ようなレッテルを貼るのはやめましょう」ーーでは。抱っこされるのが好きな
猫なのに。嫌がったり不快に思ったりするのは。なぜなのでしょうか?ーー猫
が嫌がる抱っこをしたとき。猫はどのような行動をとりますか?

抱っこを嫌がる猫が抱っこされ好き猫に大変身する方法を伝授。猫 これは一日で習得できるものではなくて。日々慣れさせる事によって抱っこ
ウェルカム猫になるから。急ぎの人には向いてないかもしれない。生まれた
瞬間から抱っこが嫌いな猫はいないはず。抱き方が下手 そもそも上手に抱け
てますか?抱っこは猫が安心出来る様にしなければならない。 不安定で中途半端
な抱き猫が活用される“ことわざ”こんなにあるんかいコノ人気者!猫を抱っこしたい人は必見。もふもふしている猫を見ていると。なぜだか無性に抱っこしたくなるもの。
今回は猫に好かれる正しい抱っこの仕方や猫に抱っこを好きになってもらう方法
を紹介します。抱っこ以外にも。お風呂上がりの飼い主さんをグルーミング
したがる猫ちゃんもいます。抱っこされてじっと座るのが苦手な猫ちゃんの
場合は。抱っこされた時に楽しいことがあるようにしてみてください。

我が家にもそう言う猫がいます。猫は三匹いますがその中の一匹が 抱っこされるのが苦手な様でした。今は平気で落ち着いてリラックスして抱っこされていますが 以前は抱っこした瞬間に緊張すると言うか かまって欲しくて寄っては来るけれども抱っこした瞬間に逃げ出そうとしていました。そこで私が試した方法は机と椅子を使い 机の上で体中を撫で回しながらリラックスさせて 机の上にその猫を丸くなり寝かせたままで 私は椅子に座り上半身を机に向かって前傾させて腕の中に抱いてあげるという方法です。こうして何度も繰り返し腕の中に抱かれると言う事を慣れさせて行きました。この方法ですと人間の腕の中に猫を抱いてはいても猫の体は机の上にありますので 猫自身も不安定にならずに落ち着けている様でした。二週間くらい毎日繰り返して その後で抱っこしてあげたら 多少はぎこちなくしていましたが 今はかなりリラックスして ほかの猫と同じ様に抱っこされています。猫も人間と同じで体質や性格や癖がありますから 周囲と同じ様な行動を簡単には取れない場合もある様ですね。因みに私は体が超~硬くて前屈は苦手です。少しでも無理をするとその瞬間にギックリ腰になります。しかしそれで通常の生活に支障があるかというと全く無くて…、猫も同様に先天的な股関節の不具合や筋肉の痙攣とか 外観からは判らない何かの不都合で 普通と思える抱っこの姿勢にするのが苦手な場合もあるかも知れませんね通常の生活が支障無く出来るのであれば 余り無理をせずに 通常の猫を抱く姿勢にこだわらずに猫に合わせた形で 優しく撫でて上げて安心できるスキンシップを取って上げた方が良いと思います、^^、抱っこの仕方も何パターンかあるので、どれが猫にとって安心できるかと言うのはありますね。猫にすると後ろ足が地面から浮いた時点で怖いと感じる場合があります。体勢を安定させ、スムーズな手の動き、後は慣れ、でしょうか。安定させる前に暴れる、逃げようとする子は難しいですよ、やっぱり。発送が逆です。猫に心地よいと思ってもらえるようにあなたが工夫するしかないですよ。うちの猫は抱っこやスキンシップ嫌いですが個性だと思って受け入れています。家に来て暫く抱っこ嫌いを通していましたが、私が抱っこを諦めるとたまーに抱っこされる時間をつくってくれるようになりました。うちの猫もあなたのいうような感じだったね。突っ張って蹴ろうとする足を、うまく空気を蹴るように猫を転がしたり浮かしたり、人間の両手を前に伸ばしたりするしかないね。もちろん、猫の好きな場所を撫でながらね。そのうち、ジタバタしても無駄だと思ってあきらめる。もちろん、ジタバタが激しくなってきたらこっちだって引っかかれたくないから下ろすけど。毎日やってれば半年もするとあんまりジタバタしなくなったね。その子が安定するように、抱き方を工夫する方が良いのでは。そもそも抱っこが嫌いな子なら、仕方ありません。逃げないまでも、抱っこされて居心地悪そうにする子もいますから。逆です*^_^*そのネコが居心地がいいような抱き方を考えるんですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez