犯罪と刑事の活動 昔の刑事ドラマをTVで見ていたら刑事が

犯罪と刑事の活動 昔の刑事ドラマをTVで見ていたら刑事が。当時から嘘だと判ってますよ。昔の刑事ドラマをTVで見ていたら、刑事が犯人を捕らえた後に、何も抵抗しない犯人をボコボコに殴ったり蹴ったりしていました 製作年を調べたら1980年でしたが、当時の警察はこのようなことが普通に行われていたと考えられますか
ドラマとはいえ、その殴り方はとても激しいもので、今だったらすぐに視聴者からのクレームや、もしくは警察から抗議されそうにも思えます だいいち、あれだけ制裁を加えたら、犯人は大怪我しそうです
当時としては、TVドラマ内の設定ということで、特に苦情などが入らないような風潮だったのでしょうか 犯罪と刑事の活動。捜査には。犯罪現場を観察して犯人の手がかりを見つけたり。犯人を見た人
目撃者を捜して様子を聞いたり。犯人ただ。テレビ番組の刑事物はドラマ
ですから。刑事が。簡単に拳銃をうったり。犯人となぐり合ったりしていますが

刑事部。刑事ドラマはよく見ていたのですが。そこには描かれていない地道な捜査があっ
て初めて犯人を逮捕することができるということを知りました。その分。苦労し
て逮捕したときにはとても達成感があります。また。犯人の逮捕後も証拠。証言
を韓国ドラマ「推理の女王」特集。熱血刑事と推理マニアの主婦。正反対の人がタッグを組むミステリーラブ
コメディ!ある日。ホン所長イ?ウォングンと共にコインロッカーの窃盗
事件を調査していたソロクは。事件の背後に麻薬取引があるところが凶器を
持った犯人に襲われてしまい。危機一髪のところで麻薬捜査チームの敏腕刑事
ワンスンクォン?サンウに助けられる。サンウ日本での放送が始まったら
“韓流の女王”になるんじゃない笑 ガンヒ“韓流の女王”は難しいんじゃない
かな笑『

ドラマスペシャル『刑事アフター5』。犯人の気配を捕らえる姿が獲物を狙うハシビロコウに似ていることから。“捜の
ハシビロコウ”と呼ばれ。刑事一筋で邁進してきましたが。働き方改革の煽りで。
これまでの刑事生活を一変せざるを得なくなり。労務管理SNS。刑事ドラマと言えば。テレビ業界で「最も安定した視聴率を稼げる」と言われ
続けてきた定番ジャンルのはずだが。なぜ今冬の新作で描かれる「学校問題」
「監視カメラ」「」は。まさに現在の社会をとらえたテーマであり。新鮮な
冬は。「家でじっくり見て。犯人。動機。トリックなどを当てたくなる」
という理由から刑事ドラマが多かった。もし今冬の新作がそろって支持され
たら。ますますオーソドックスな刑事ドラマは減り。イレギュラーな刑事

昔の刑事ドラマをTVで見ていたら刑事が犯人を捕らえた後の画像。サスペンスドラマセレクション。残りの人も階を後にする。そこに白波刑事蟹江ら警官隊が突入するが。
強盗はすでに射殺されていて…手で顔を隠した瞬間をとらえた写真を見て。
静子は平田の感じに似ているとつぶやくのだった。今もどこかで自分は見られて犯罪と刑事の活動。ただ。テレビ 番組ばんぐみの 刑事物けいじものはドラマですから。 刑事
けいじが 簡単かんたんにけん 銃じゅうをうったり。 犯人はんにんと
なぐり 合あったりしていますが。 本物ほんものの 刑事けいじは。

当時から嘘だと判ってますよ。中学生向けの雑誌などで、あれはフィクションと紹介され、ティーンエイジャーでも知ってることです。一応、犯人が抵抗した場合に備え、警察官の皆さんは剣道や柔道の鍛練をされてますが。昔のドラマだと、ただ走って逃げてるだけの容疑者を一本背負いで制圧するなんてやってますよね。あんなの大問題と中学生でも知ってました。昔の刑事ドラマなんて、内容は滅茶苦茶なんです。横浜まで警視庁の警官が捜査に行く。連続殺人を所轄署が主導して捜査する。所轄署の私服刑事がマイカーで捜査する。所轄署の私服刑事が日常、拳銃を携行する。ただ、おおらかな時代なんで、いちいちテレビ局に抗議しません。ちゃんと「フィクションです」って出るし。描写がエスカレートする過程を視聴者は知ってて。「やりすぎ」「飽きた」とは思っても「そんな警官いない!」と騒ぐことも無かったのです。ぶっちゃけ、クレーマーが増えた一因は不景気で皆さんイライラしだしたのと。 東芝クレーマー事件にて、過程をネットで発表すると大企業が動くと言う事件が起きたからでしょう。 円高不況と言いつつ、今より景気が遥かによくて、テレビ局に文句言っても「ご意見承りました。 係の物と検討します。」と暖簾に腕押しと判ってるのにいちいち文句言いませんよ。昔は「テレビ局によくクレーム電話をする人」なんてのは、「黄色い救急車呼ぼうか?」って対象です。黄色い救急車で連れて行かれる先は、今より過酷ですよ。後から調べたことも含め、経過を紹介します。まず、60年代末~70年代、原田芳雄さんがそれまでの芸能人のイメージを打ち壊す個性的な存在として際立つのですが。彼が演じる破天荒な刑事ドラマが作られます。テレビ「五番目の刑事」や映画「やさぐれ刑事」この辺りから、背広姿で真面目そうな私服警官のイメージに破天荒なイメージが加わります。70年代、北大路欣也さんや藤竜也さん主演の「新宿警察」と言う、比較的、描写が正しい所轄署刑事物が作られます。拳銃は容疑者が所持している時だけ、台帳記入して携行。 連続殺人の時は捜査本部が置かれ、主人公たちは本庁の刑事の道案内役になる。など。藤竜也さんははみ出してるイメージですが。しかし、視聴者には退屈だったのか、あまりヒットしません。この作品が大ヒットしなかったのが、視聴者のニーズの現れのような気がします。一方で「Gメン75」の空手アクションなど、やはりアクション物がウケる傾向が見てとれます。で、伝説の刑事ドラマ「大都会」日本テレビが作られるのです。「大都会」は最初は人間ドラマ的です。ただ、暴力団への対抗上、新宿の所轄署に特殊な部署が作られ神奈川県警含め人材が集められたと言うプロットだけが残り、パート2やパート3でアクション路線に移行します。さらに、番組プロットをテレビ朝日が引き抜き、「西部警察」を制作してエスカレートします。「大都会」シリーズの影響は番組プロットをさらわれた日本テレビの後発番組はおろか、菅原文太さんの現代劇テレビドラマ初挑戦で気合いが入ったテレビ朝日の「警視庁殺人課」はじめ、テレビ朝日や日本テレビの他の刑事ドラマもアクション路線に移行します。ただ、1980年には、これまた伝説の「プロハンター」が作られています。日本テレビが「大都会パート2」以来のバイオレンスアクション路線をやめ、横浜が舞台のスタイリッシュな探偵物でして。大人気とまでは行かなかったですが、若者にはウケています。主題歌もヒットしました。また、「西部警察」が終わったテレビ朝日でも所轄署らしい軽犯罪主体の人間ドラマ「私鉄沿線97分署」が始まります。そもそも、「西部警察」自体はあれほど長続きするほど大ヒットが続いた訳ではなく、闘病中の石原裕次郎さんへの応援のために打ち切れなくなっていたそうです。つまり、バイオレンスアクション的な刑事ドラマは80年代に入って急速に飽きられています。なお、エアソフトガンのブームもあって、ガンアクションを重視した刑事物も増えますが、あんまり大ヒットとはなってません。エアソフトガンのマニアには話題に成りましたが。その後、テレビ朝日の水曜日の刑事ドラマでは、主人公がほとんど拳銃を撃ったことがなく、逮捕も推理や説諭による作品が増えます。「古畑任三郎」や「相棒」、海外ドラマのプロファイリングや天才の変人による推理ドラマの影響で、ますますその傾向が出てますよね。まあ、海外ドラマは銃撃シーンも多いですが。en?さんがすごい70年代からの刑事ドラマ史を語ってくださっているのでもう回答の余地はないかとおもいますが???。質問者様が見た刑事ドラマって渡哲也さん主演の西部警察ですかね???。あの番組を見ての質問としますが、あれ基準に物事考えたら世の中ウルトラマンはいるしゴジラは定期的に日本襲うし、その辺と一緒ですよ。一所轄署の刑事がショットガンを毎回のように持ち出して犯人と銃撃戦やってレーサー崩れの犯人を改造しまくりのパトカーで追跡し途中車を2、3台横転させて最後は団長の発砲で犯人の持っていた手りゅう弾を落として爆発???ありえねえってかそれが最高なんですが番組ですしあんなのがリアルと思うなんて幼稚園生レベルですよ。まあ他局ですが大激闘マッドポリスという番組が日本テレビで放送していまして主演は渡さんの御実弟の渡瀬恒彦さんなんですが過激さではある意味西部警察より上かもスーパーカー出てこないですが。この作品は抗争の末日本には一つの暴力団しかなくなったということでその暴力団対マッドポリスと呼ばれる命知らずの刑事たちの戦いのドラマなんですがウイキによると新聞の投書欄などで番組の暴力シーンが問題視されたようで16話で終了という憂き目にあっているのですが???。個人的に思うにドラマの質が中途半端に子供向けというかそれでいて子供に見せるような軽いタッチではないというところもあったかと。ジャパンマフィアという名称のやくざ組織とか???あとはその番組には裏番組に強力なのがいなかったのかなという気もします。西部警察の場合は裏には大河という強力コンテンツがあるわけでテレビドラマに品行方正求めるような連中はそっちに流れたのかなという気もします。個人的感想です。駄文失礼いたしました。質問者様の見たドラマが西部警察以外なら申し訳ございません。当時は刑事ドラマに限らず学園ドラマもそうでしたよ今だったら体罰問題になるでしょう盛った方がドラマドラマってなるからフィクションってわかりやすくそうじゃない人はノンフィクションを警察24時や凄腕ドクター見ればいいとなってましたよ。外科医 鳩村周五郎 船越英一郎さん主演のドラマはそれでいうと無茶苦茶ドラマだけど2016年までやれたのが驚きです。バイオレンスアクションが格好いいと思われてた時代なのだと思います。西部警察は特にそんな感じだったのではないかと。昭和のころの刑事ドラマってすごいシーンが結構ありましたね。逮捕後の暴行など普通にやっていましたし、取り調べに際して取調官が被疑者の髪の毛を掴んで頭を机に叩きつけるなんてシーンがありました。留置所でも騒ぐ収監者にバケツの水を浴びせるなんてシーンもありました。ああしたシーンについて警察からテレビ局にクレームもなかったのでしょうね。ということは実際にああした人権を無視したことを警察がしていたということでしょう。厳しい取り調べで冤罪を作り出すなんてことは今でもやっていますから、実際の警察官もけっこう荒っぽいですね。抗議はあったかもね。だからいまはなくなったということかもしれません。というよりはむしろ、視聴者が望んでいたのかもしれません。昔は今よりも勧善懲悪が好まれました。悪い奴、良い奴の両極端。だから良い奴刑事が悪い奴犯人を懲らしめるシーンが必要でした。手錠かけるだけでは不完全燃焼といいますか、分かりやすく犯人が殴られることでやっとスカッとするというか、そういうことなんだと思います。今のドラマは「犯人だって事情があったんだよね。完全に悪い人はいないんだよ。」みたいに犯罪に至った経緯があり、犯人=絶対悪ではありません。それに昔のお父さんは子どもが悪いことをしたら即平手打ちでしたから、いまほど暴力だ!という感じではなかったのです。そういう時代背景があるので、この令和の時代に昭和の番組を見ると違和感があるかもしれませんね。日本のテレビは暴力に寛容だし芸人のことをいじめる番組も多いです。あと「ブスいじめ」もすごいです。警察の暴力はありました。1980年代なら、暴力団の取り締まりもない時代で、暴走族がいた時代です。私は1985年ころ、原宿の暴走族のバイクの車輪に長い棒を突っ込んで転ばせている警察車両みてます。あと学校の教師も生徒をぼこぼこにしていた時代ですよ。ドリフターズの番組はタレントの頭をたたきましたが、子供に悪影響だと主婦が抗議しても、テレビ局は改善はしない時代でした。コンプライアンスという言葉は欧米から来ましたが日本で浸透したのはITが盛んになってから、2000年以降です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez