米ダラスで警官5人射殺 警察は壁を貫通して立てこもり犯を

米ダラスで警官5人射殺 警察は壁を貫通して立てこもり犯を。そもそも日本の警察官は口径50の機関銃は装備できないでしよう。警察は壁を貫通して立てこもり犯を攻撃出来る武器は持てないのですか アパートなどに潜伏してる犯人を時間かけて説得して出てきたらようやく逮捕というのがしょっちゅうです アメリカなら50口径の機関銃とかで、壁越しに射殺すると思いますが、日本の警察はそういう機転の利いた捜査はやれないの 自衛隊は50口径の武器持ってますよね アパートの外壁なら貫通可能だと思う 借りてくるとか、非常用に各警察署に備えておくとか 難しいのかなぁ 平成9年。を名のる左翼テロ組織が。爆発物等を使用して侵入し。大使公邸を占拠する事件
が発生した。人質をとり。その後箇月余りにわたって立てこもったなお。
過去の主な公館立てこもり事件については。表-のこれまで。MRTAは。
欧米諸国公館特に米国公館。ペルーの政府機関。軍?警察施設等に対する
攻撃や営利目的これに対し。フジモリ?ペルー大統領は。犯人グループの要求
を一切拒否するとともに。人質に危害を加えた場合には実力行使も辞さないと
する断固

警察は壁を貫通して立てこもり犯を攻撃出来る武器は持てないの画像。米ダラスで警官5人射殺。ダラス市警本部長は日早朝に会見し。現場近くで立てこもっていた武装犯人は
警察が投入した爆弾ロボットで死亡したと明らかにした。銃規制強化を
かねてから強く主張してきた大統領はさらに。「強力な武器で武装していると。
こういう攻撃の殺傷さんの死は。自分の安全は守られているとすべての
アメリカ人が実感できるようにするため。どれだけ努力が必要テキサスでの
警官銃撃事件に先立ち。オバマ大統領は日。「これは黒人だけの問題じゃない。包丁で襲いかかる犯人を確保。銀行員たちは指示に従うことしかできず。お金を用意するが。犯人は「こんな
んじゃ全然足りねーよ!同時に。人質を一カ所に集めて手足を縛りあげた上。
周囲の状況が見えないように一人一人の頭にバスタオルをかけて目隠しした。
この狂気の銀行立てこもり事件を。一体どう解決するのか?警察は「そんな大
金はちょっと時間がかかるが必ず用意するから。それまでは絶対に人質の安全は
約束して一体どうすれば人質を無事に解放することができるのか?

武器解説。その内。射撃時の反動を小さくしてコントロールを容易にするために。低威力化
した弾薬を使用するものを指す。に槍と同じ役割ももたせることができたため
に。小銃歩兵隊が防御と攻撃の両方で主力を担うようになっていった。その後
。ヴェトナムの戦場で東西の突撃銃が出揃い。より多くの弾薬を持ち運ぶことの
出来るよう。弾薬の小口径化*が主要屋内での運用が考えられるため。拳銃弾
の射程の短さは問題にならず。貫通力の低さも民間人への誤射を防ぐことができ
た。

そもそも日本の警察官は口径50の機関銃は装備できないでしよう。警察法第67条で、「警察官は、その職務の遂行のため小型武器を所持することができる、とされています。この小型武器とは本来、拳銃を指すとされていましたが、昭和40年代、過激派の台頭や凶悪犯罪の増加を受けて狙撃用のライフルが容認されました。これについては当時の左傾勢力が強い時勢で相当の議論を呼んだのですが、国会で承認されました。その後、テロ防止などを理由に短機関銃、小銃まで拡大されたのですが、口径50の機関銃までは無理でしょう。そもそも口径50は戦争でも対人使用は禁じられています。警察が装備することは不可能と思います。アメリカなら50口径の機関銃とかで、壁越しに射殺すると思いますが、壁越しに50口径の機関銃を撃つ?相手が見えない状態でですか?銃はしっかりターゲットを見て狙って撃つものです。適当に掃射するものではありません。そもそも立てこもってる人も国民ですよ。殺したら解決ですか?なんの解決にもなりません。第一そんなことしたら建物が崩壊します。アパートの所有者にも迷惑ですし、そんな強力な銃なら貫通して関係ない近隣の人々にも流れ弾が当たる可能性もあるのでは。映画やドラマの見過ぎかと。別に50口径なんか持ってくるまでもなく、普通のライフルでも日本家屋の壁なら余裕で抜けます。余裕で抜けるから、さらに向こう側の家の事件に無関係な近隣住民も一緒に蜂の巣になります。50口径なら壁を越え、人体を貫き、弾丸は更にその先へ行くが、それはどうしようか。アパートの持ち主の権利もあるよね、仮に壁越しの突撃で相手が死亡するのは目にする映画の中のワンシーンが記憶に残るけれど、日本の警察はそこまで、破壊行為をせずとも無傷で説得する、じれったい思いもあるけど、所有者が後で困る様な事例は裁判沙汰になればややこしくなり、後に入居者が気にせず入居してくれるかは、風評被害になると空き家、空き室と取り壊しになれば最悪の状態でありましょう。訳あり物件で価値が下がる、。そもそも壁越しに撃つことありますかね?敵見えてない状態ってことですよね?そんなことしたらその建物を今後使えなくなるでしょうよ。ただでさえ孤独死増えて事故物件多くなってるのに更に増やしてどうするの。大家まで首吊ってしまう。人質だって無事で済まないかもしれない。日本では犯人が銃を所持している確率は極めて低いですから、そこまでアクティブになる必要もないです、必要ならばSAT, SITがいますし。>機転の利いた捜査50口径などで貫通させたら、建物の構造じたいに深刻なダメージが残りますのでできません。「.50で故意に人間を撃つのは戦争犯罪」と思い込んでるバカがいるが、ハーグ陸戦条約の「不必要な苦痛を与える武器」に抵触するかもね~程度であって、大口径の銃で人を撃つことは特に規制されているわけでは無い。銃砲の類で明確に禁止されているのは「ダムダム弾」ぐらい。大体、今回の質問は「警察が立てこもり犯を狙撃する」シチュエーションだから陸戦条約は関係ない。実際、”戦争では使用が禁止された”ダムダム弾を使用している警察組織もある。立てこもり犯の多くは人質がいるのでは?世界中の警察で50口径の重機関銃で壁越しに撃つなんて事はありません。余裕でアパートの壁を貫通しますが、貫徹力があるので建物自体を貫通し、近隣に被害を与える事になります。何せ地面に撃ち込んでも1m以上銃弾がめり込みます。また、日本の警察は職務執行法に基づいたものになるので正当防衛などやむを得ない場合に限ります。射殺を目的とすれば警察官が殺人罪に問われる可能性があります。そう言うことはしない。むやみに壁から撃ったら人質に当たる可能性がある。それに、日本は射殺を目的で行動してない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez