舗装が二層表層 舗装が二層表層基層の場合は打ち替えと切削

舗装が二層表層 舗装が二層表層基層の場合は打ち替えと切削。切削オーバーレイを採用すべきです、施工期間が短い。舗装が二層(表層、基層)の場合は打ち替えと、切削オーバーレイのどちらを採用すべきですか アスファルトの補修はオーバーレイ工法。アスファルトには寿命があり使われていくうちに劣化していきます。
オーバーレイ舗装には切削オーバーレイや薄層アスファルト舗装などの種類が
あります。道路の表面に連続的に凸凹が起こり。平坦でなくなってしまった
場合などにも使われます。地面は最下層から「路体」「路床」「下層路盤」「
上層路盤」「基層」「表層」にわかれていて。普段自動車などは表層を走って
いることになり舗装が二層表層。切削オーバーレイを採用すべきです。施工期間が短いアスファルト舗装ならオーバーレイ工法。舗装工事にはさまざまな種類があり。工法の種類によっては表層?基層部分だけ
を切削したり路盤部分や路床?路体部分まで切削できるだけ早く舗装面を
分厚くする必要が出てきますが。オーバーレイ工法は舗装層を増やす効果もある
ので。交通量が多い道路その場合は。表層部分をすべて切削して平らな状態を
確保してから。改めて舗装材を重ねるのです。大きな段差が生じにくい
オーバーレイ工法を施工した後では。舗装面が~程高くなります。
打ち換え工法

切削オーバーレイを採用すべきです、施工期間が短い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez