2020年10月釣行記録 フカセ釣りの半誘導仕掛けでチヌ

2020年10月釣行記録 フカセ釣りの半誘導仕掛けでチヌ。一応トーナメンターなので、全国どこに行っても…どんなに餌取りが多くてもチヌを釣り上げられるように工夫しています。フカセ釣りの半誘導仕掛けでチヌを釣っています
10月に入ってから餌取りが多く、刺し餌のオキアミが秒殺です
または10センチくらいの小さなチヌが釣れてきます 挿し餌が棚に届いていないと思います
沖でなじませたり
足元に撒き餌さ打ったりしてもダメでした

そこで、水深6m程の釣り場ですが
1号のウキで1号のオモリを
ちもとに打って一気に棚まで沈めようと思うのですが
弊害はあると思いますかフカセ釣り?チヌ半遊動の基本を徹底解説。仕掛けの作り方。集魚材の選び方。同調について解説し。チヌを釣るための簡単
な方法も紹介しています。マキエを撒くのがフカセ釣り; 半遊動の仕掛けの
一例と必要な小物類と道具; 半遊動でガン玉を打つ場所。それぞれの役割
たくさん撒いたから釣れるというものでもないので。財布と相談して買えば良い
と思います。例えば「チヌベスト白とチヌの道」。「チヌベスト白と」。
「白チヌとチヌの道」。「白チヌとダッシュ」。「遠投とムギ

フカセ釣りの半誘導仕掛けでチヌを釣っています10月の画像。実は簡単なチヌのフカセ釣り。フカセ釣りでチヌを釣ることは難しいと思っているアングラーも多いと思います
が。コツさえ知っていれば難しいことはありません。初心者おすすめします。
マルキュー チヌパワー白チヌウキ止め糸は半誘導仕掛けに必要なアイテム
で。ウキがフリーに動かないように固定させるためのアイテムです。ウキ止め糸2020年10月釣行記録。半誘導仕掛けでウキ下は一ヒロちょっと! _- 最近はこんな道具入れ
でコンパクトに釣りをしてます?チヌのフカセ釣り仕掛と釣り方全遊動バージョン。集魚材は先に。集魚材同士を混ぜ合わせてから。刻んだオキアミと混ぜます。
グレ釣りとは混ぜ方が違いますので。ご注意。 マルキューの激荒はサシエサにも
使えます。これも半

フカセ釣りは仕掛けが大事。フカセの仕掛けやリールなどの道具や真鯛。チヌなどの人気の魚の釣り方遠投
するのか近場を釣るのか。仕掛けを固定にするのか遊動に半誘導とは。ウキ
止めとハリスとの間で浮きを移動させて釣るタイプの仕掛けです。チヌクロダイのウキフカセ釣りの半誘導仕掛けと釣り方手順。ここまでウキフカセ釣りの基本的な「半誘導仕掛け」を使ったチヌ釣りをまとめ
てき釣りあげるまでの手間はかかりますが。それ相応にチヌが釣れる一つの「
型」も勉強しつつフカセ釣りにハマる人を増やして行けたらなぁと思ってい
ます。魚料理釣った魚を食べる オフショア ボート釣り 四季の
釣りネタ探し年月年月年月年月年月
年月

一応トーナメンターなので、全国どこに行っても…どんなに餌取りが多くてもチヌを釣り上げられるように工夫しています。餌がオキアミというのはこの時期あり得ません。ボイルやむき身、練り餌が必要です。餌のローテーションで釣れるヒントがもらえることも多いです。餌取りの種類が書いてありません。何が餌取りなのかで対策も変わってきます。足が速い餌取りだと、遠投しても効果が薄いので餌の使い分けで釣って行きます。足が遅い餌取りだと、足下に餌取りを集められるだけ集めて、40m以上遠投して釣って行くような釣り方をします。仕掛けも早く沈む仕掛けと遅く沈む仕掛けを使い分けます。1号ウキも使いますが、チモトには使いません。絡みやすくなりますし、チヌが餌を吸い込みにくくなってしまいます。最低1ヒロはフカセ部分を取りましょう。後は、その場所は大きなチヌが釣れる場所ですか?場所も選びましょう?餌取りがもっと少ない場所もあるのでは?それから、6mくらいの浅場なら…撒き餌をたくさんまいてチヌを寄せると餌取りが逃げます。逃げてしまったらチヌが釣れます。そうなるまで撒くくらいの勢いも必要です。ではがんばって下さい。チヌのフカセ釣りは撒き餌と刺し餌を合わせる釣りだと言われますが、そんな釣り方が通用するのは餌取りが少ない産卵期初期か魚影が濃くチヌが貪欲に撒き餌に食いあがる時だけです。初夏から年内ぐらいは餌取りの猛攻にあいます。こんな時期の良型のチヌは撒き餌の帯には入って来ません、良型のチヌは群がる餌取りを遠巻きに、こぼれた餌を拾うのがこの時期のチヌの習性です。よって餌ばかり取られる場所にいくら仕掛けを流しても無駄なんです。そこにチヌはいないのですからね。つまり撒き餌と刺し餌を合わせてはいけないのです。更にその海底に一号仕掛けを馴染ませても良い結果は期待できません。撒き餌に寄った餌取りの層は表層から低層までびっしりです。チヌは撒き餌が効いている餌取が群れる場所よりもはるか流れの筋の潮下の深みにいます。まず釣り場で最初にする事は空の仕掛けを流してみること。仕掛けが流れて行って「仕掛けが止まる場所」「仕掛けが方向を変えて流れる場所」がポイントです。撒き餌が流れ着くこの場所を食わせるポイントに決めます。刺し餌はオキアミにします。コーンやサナギは餌取りには強いがチヌの食いも良くないです。撒き餌は潮上のみに撒いて定めたポイントに撒く必要はありません。定めたポイントに撒くと餌取りが集まってきますからね。もし潮があまり流れず、仕掛けも流れない場合は足元に大量の撒き餌をします、そこを起点に釣り座から180度投げられる範囲に撒き餌をします。これをしばらく繰り返し撒き餌の効いている範囲に仕掛けを入れてみます。打ち込む場所は転々と探るようにします。すると餌が取られない場所が見つかります。そこにチヌがいます。自然界では体が大きな生物が優位です、大きな体のチヌが寄っていると餌取は身を引いていますからね。餌はオキアミを基本に練り餌もいいでしょう。チヌのフカセ釣りは餌取りとの間合いを図って釣るのがコツです。針がいくらあっても足らないでしょうね。①餌で交わすなら普段よりひとまわり大きな団子、若しくはパン粉や小麦粉を入れて硬く練り直す、コーン、麦などを使う位です。②遠投可能な撒き餌に練り直して第二、第三のポイントを作る、その際少なくとも竿二本分位は各々のポイントから離すこと、そのポイントを順次辛抱強く攻めていけば良いと思います。因みに付け餌を速く落とすよりフグに見つからないよう逆にゆっくりと落とすこと、速く落ちる餌は目だつためより狙われ易くイエロー系の餌は逆効果です。私はまずやりませんが仮に餌を速く落とすなら極端に速く、水中ウキ使用はその体積が災いして同じガン玉より落下速度は遅くなります。私なら早めに見切りを付けて釣り場を変わると思います。私も6M前後のタナのポイントでチヌ狙いしたりしています。質問者さんの過去の質問を拝見させて頂きました。私も質問者さんとほぼ同じ釣り方で撒餌を1点に撒く、仕掛けを一気に沈めて海底ギリギリを針が流れる様にしながらチヌ釣りをしています。ウキはどんなウキを使用されてますか?私は管付ウキにスナップサルカンを付けて道糸がサルカンの中を通る様にしています。また、どんな釣りでも同じでしょうが道糸のヨレは取られて仕掛けを作られてますか?更に最近めったに見なくなりましたがウキの下に水中ウキを付けています。この水中ウキが錘代わりとなり、あっという間に海底付近まで仕掛けが下りる様になりました。チモトに錘を付けて狙った事はありませんが厳しくなるかも?ですよ!因みに私の仕掛けを紹介します。ウキは上記の通りにして3Bを使用します、その下に-Bの水中ウキを使用し、その下はサルカンのみ、後はハリス1ヒロ強でやっていますよ!但し、道糸にヨレがあったら下りるのに時間が掛かると思います。私は毎回道糸のヨレを取り仕掛けを作っています。同じく餌取りの猛攻なので最近はコーンばかり使ってます。コーンを使う前に釣れたの捌いて見たら撒き餌のコーンとムギばかりだったので。練り餌も試しましたが安価なコーンをオススメします。アタリが出にくくなります。活性が高ければ良いのですが食いも悪くなります。練り餌を使うことをお勧めします。撒き餌の打ち方に気を付けてハリに付けるサイズを大きくすれば底まで残りますよ。他には、コーンやサナギを使う手もあります。チヌ釣りでオキアミにこだわりすぎると良いことがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez