タグ: お飲み物普通席

お飲み物普通席 JALの国内線機内の飲み物サービスについ

お飲み物普通席 JALの国内線機内の飲み物サービスについ。昔からの惰性もあるとおもいますが、LCCと差別化するためにフルサービスキャリアとしての縛りもあるのだと思います。JALの国内線機内の飲み物サービスについて
JALに乗ると、CAさんが、カートを押しながら乗客一人ひとりにオーダーを聞いて、紙コップに飲み物を配ってくれます あのサービスって必要だと思いま すか 乗る前に自動販売機で好きな飲み物を買えばいいだけですよね 飲み物サービス中、カートで通路がふさがれるのでトイレに行けません 席を立てばCAさんはサービスを中断して通路をあけてくれますが、仕事を邪魔するようで気が引けます あのサービスは、昔のなごりでしょうか LCCとの差別化でしょうか それとも不審者がいないかとか何か別の理由があるのでしょうか お飲み物普通席。国内線 普通席。 なら全席本革シートでゆとりの足元スペース。
機内-装備で。こだわりのお飲み物を無料でご提供します。飛行時間の短い
一部路線では。お飲み物のサービスを実施しておりません。

飲み物は。クラスが上級になるほど。豪華な機内サービスを受けられます。普通席の場合。
飲み物の無料サービスと機内エンターテインメント。-サービスを受けること
ができます。 クラスや座席についてわずか“7分間”の機内食サービスに8000円。ご存知国内線のファーストクラスは。年月にサービスが開始されて
から丸年を迎えました。いずれにしても。今の「羽田?伊丹」線ファースト
クラスのサービスの有り方については。是非とも改善をお願い

昔からの惰性もあるとおもいますが、LCCと差別化するためにフルサービスキャリアとしての縛りもあるのだと思います。わたしも質問者さんと全く同じ意見で、あのサービスは無駄だと思います。あまり機内でトイレに行くことが無いのでそれには困らないのですが、飲み物を持ってきていちいち挨拶される時間も無駄、飲み物を紙コップに丁寧についているのを待っているのも無駄、飲み終わった紙コップの置き場がなくてめんどくさい、寝ていて起きた後に飲みたくなっても忙しそうのしているCAに頼むのが申し訳ない。このサービスに殆ど良さを感じません。わたしはCAさんはただの空飛ぶお茶くみだと思っています。昔JALのクラスJは茶菓子と共に飲み物を提供していたので、それは少し楽しみだったのですが、飲み物だけであれば座席に小さなペットボトルでも置いておいてもらえた方がうれしいです。差別化というより先はそうしたサービスが普通でその後にLCCができました。嫌ならLCCに乗ればいいし、断れば良いだけの話でしょANAはもちろん、新興会社のスターフライヤーでもドリンクサービスありますが…しかもスタフラはドリンク内容かなりこだわってますよ。私ももう少し量を増やして欲しいに同意。機内で快適に過ごせるためのドリンクサービスサービス要員。客の生の声を聞く事で、業務の改善点を探し出す営業要員。不審者がいないかという確認等で機内を巡回する口実保安要員。だいたいこの3つの理由があります。特に不審者がいないか、体調が優れない乗客がいないかどうか、機内を巡回するのはCAの保安要員として欠かせない仕事です。LCCだと、CAのサービス要員としての業務は減りますが、一方で地上職員兼任であったりしますね。なお、JALのドリンクサービスについては、日本の国内線でLCCが飛び出す以前から行われていましたので、LCCとの差別化を図っているわけではないでしょう。

最近の投稿

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez