タグ: 明治維新の地

明治維新の地 日本人で初めて新婚旅行を行ったのが坂本龍馬

明治維新の地 日本人で初めて新婚旅行を行ったのが坂本龍馬。そんな事はないでしょう。日本人で初めて新婚旅行を行ったのが坂本龍馬だと言われていますが
それまでは新婚旅行を日本人はしなかったんですか 日本初の新婚旅行。幕末の日本を疾風のように駆け巡った坂本龍馬さかもと?りょうま。なっ
た「薩長同盟」の仲介人という重要な任務を終えた龍馬は。土佐から上洛した
中岡慎太郎の仲介でお龍との結婚披露を行ったといわれています。日本人初の新婚旅行は「坂本龍馬とお龍」説はウソだった。さて。「日本で初めての新婚旅行」をしたのは「坂本龍馬と妻のお龍おりょう
」というイメージがありますが。かなりロマン重視な説にすぎないのかも知れ
ません。もちろん。人が旅行にいったのは事実で。龍馬が結婚後の歳の時に
鹿児島県霧島市の塩浸温泉に行ってが勧めた温泉に行くことになり。そこにお
龍もついてきた」とも言われていて。結婚を祝うための旅行だった

知られざるニッポンvol。小松帯刀の別邸に滞在後。月日西暦月日。錦江湾を船で浜之市湊に
渡り現在「新婚旅行渡しの地」の碑が立っています。霧島を目ざして日当山
温泉に宿泊します。 坂本龍馬新婚の旅碑 薩英戦争に使われた幕末の坂本龍馬とお龍による「日本人初の新婚旅行」から150。薩摩藩邸でお龍に看護を受け。その後結婚した龍馬は。西郷隆盛や小松帯刀の
勧めもあって。薩摩の霧島山に傷の保養を兼ねた旅行に出かけました。これが
日本人初の新婚旅行といわれています。 第2部 平成の薩?土肥連合明治維新の地。そして何を隠そう。この地は明治維新の主要人物。坂本龍馬の新婚旅行ルート
でもあります。龍馬と。お実に約1ヶ月もの間。二人だけの時間を楽しんだと
言われています。 そもそもその後療養することになった龍馬は。おりょう
と共に日本人初の新婚旅行を決行したのです。霧島には温泉がたくさんあり。
塩浸温泉や栄之尾温泉。硫黄谷温泉などの温泉を巡り。手傷の治療湯治を行った
のです。

坂本龍馬と妻おりょう。日本で初めて新婚旅行に行ったといわれているのが。有名な幕末の志士。坂本
龍馬です。 龍馬が最愛の妻お龍と仲むつまじく旅した霧島。 新婚やカップルのお
二人は。ラブラブだった龍馬夫妻にあやかって。ぜひ縁の地を訪れてみては
いかが日本人初の新婚旅行は「坂本龍馬とお龍」説はウソだった。さて。「日本で初めての新婚旅行」をしたのは「坂本龍馬と妻のお龍おりょう
」というイメージがありますが。かなりロマン重視な説にすぎないのかも知れ
ません。もちろん。人が旅行にいったのは事実で。龍馬が結婚後の歳の時に
鹿児島県霧島市の塩浸温泉に行ってが勧めた温泉に行くことになり。そこにお
龍もついてきた」とも言われていて。結婚を祝うための旅行だった

鹿児島県霧島市。龍馬?お龍新婚旅行の足跡; 最愛の妻。お龍; 乙女姉さん; 龍馬の手紙; 塩浸温泉
龍馬公園; 龍馬ハネムーン日未明午前時頃。京都伏見寺寺田屋で三吉慎蔵
と共に幕士に襲われ手傷を負うもののピストルで応戦して危機を脱する。大山彦
縁結びのこの旅が日本人の新婚旅行第号となる。乙女姉さんあてに。全部
で通の手紙を送ったと言われています。龍馬は栄之尾温泉で湯治をしてい
た小松帯刀の見舞いに行き。翌日に念願の高千穂登山を行っています。これが日本人初の新婚旅行。例えば。塩浸温泉。和気神社。犬飼滝に行ったら。霧島神話の里公園で高千穂峰
の天逆鉾を疑似体験し。坂本龍馬に関心がある場合。鹿児島空港でレンタカー
を借りて霧島方面に向かい。「龍馬の新婚旅行ルート」を巡っここは都を追
われた和気清麻呂が過ごしたと伝わる場所。頂上にある「展望広場」からは
絶景が広がり。そして目の前には龍馬とお龍さんが二人で登ったと有名な高千穂
峰が目の前に見え。龍馬たちが引っこ抜いたと言われている日本神話に

坂本龍馬。坂本龍馬とお龍の仲良しカップルにあやかって。二人で一緒にホテル霧島
キャッスル周辺の新婚旅行スポットをたどる旅にでかけませんか。の慶応年
年月日。京都の寺田屋で襲われ傷を負った坂本龍馬は。西郷隆盛ら
のすすめで妻のお龍と霧島に湯治療養で訪れています。 当時の日本に新婚旅行
という習慣はなく。これが日本初の新婚旅行といわれています。ある時巌流島
にこっそりふたりで行って。花火を打ち上げたというエピソードをお龍が後年
語っています。

そんな事はないでしょう。記録上のお話。芥川龍之介の藪の中で若狭の両親の元へ夫婦で旅をしている事が描かれていますが、元ネタは平安時代の今昔物語集。江戸時代も特別な場合や御参りなら旅行が許可されていたわけで、記録上は御参りと書いてあっても実際は旅行というケースが多い。その中に新婚旅行の意味合いが強いモノも当然あったはず。要は御参りや特別な事情を廃した新婚旅行と認められる記録が坂本龍馬や小松帯刀だったというだけの話。挨拶まわりが主で、旅しても、日本人は旅行と思ってない。 むかし、俳優さん同士のカップルでようやくスケジュールが空いて、熱海へ新婚旅行へいったら、台風で客が全く来なくて貸し切り状態だったという話もある。天候に左右されるというのも日本人だね。新婚旅行の定義によりますが、それは俗説です。坂本龍馬の場合は、療養のため夫妻で薩摩に滞在したことを、明治の小説でハネムーンと表現しただけです。ハネムーンの語源は蜂蜜月であり、蜂蜜を飲んで子沢山を祈ることであり、本来、旅行の意味はありません。薩摩藩家老?小松清廉が新婚時の1856年に行った夫婦での霧島旅行が、いわゆる新婚旅行の最初とされます。なお英国では結婚式後に、遠方の親族を訪問する旅行を「Bridal tour」と呼んでいました。日本でも新婚夫婦が妻側の実家を訪問する「里帰り」「婿入り」の風習がありました。これを新婚旅行と定義するなら、もっと古くから新婚旅行があったことになります。記録では小松帯刀が日本初です。当時は新婚旅行の概念が有りません。小松帯刀が新妻とその父親同行で湯治に行きました。その先で傷に効く温泉を吉井?に龍馬夫妻を案内させました。明治に龍馬英雄伝説書いた坂崎紫欄が西洋で言うハニムーンと書き、後に新婚旅行と呼ばれました。あくまでも最初に新婚旅行と呼ばれたと言う事です。普及したのは多分朝鮮戦争特需以降だと思います。していないです。新婚旅行は西洋の文化です。

最近の投稿

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

GiottoPress by Enrique Chavez